GESは、教室数・生徒数・卒塾生数・合格実績・知名度・指導力・情報力など、いずれも和歌山トップ水準の塾として、信頼いただいています。

GESブログ
あすなろの記
RSS

その後のつばめ


「つばめと桜」で紹介した阪和道下り線紀ノ川サービスエリアのつばめたち

たくさんの元気な子どもたちが生まれていました。

何度も何度もエサを運ぶ親鳥たち
それを待つ子どもたち

私たち人間を敵だとは思っていないつばめたち

間近でずっと見ていたくなる光景です。

がんばれ!



2019-05-10 00:00:00

銀河の森・空海


前回大好評を博した「“銀河の森”きのくに子ども舞台芸術劇団」主催の創作子どもミュージカル「空海」が再演されます。

子どもたちが、宝塚歌劇団や劇団四季で活躍したプロフェッショナルと一緒に舞台に立つ新しい形のとても魅力的な公演です。

6/23(日) 15:30開演

和歌山県民文化会館大ホール

オーディションを経て、真剣な稽古を経た子どもたちが演じきります。

素晴らしいです!


2019-05-08 00:00:00

画期的な英断



4/26の新聞スポーツ欄
こんな見出しの囲み記事が目に飛び込んできました。

「フェンシング代表 英語力必須」

日本フェンシング協会は、世界選手権に出場する日本代表の選考に、英語試験(GTEC)を導入することを発表したというニュースです。

驚きです。

発案したのが、協会の太田雄貴会長とのこと。

「どんなに選手が活躍しても、一定の英語の基準をクリアしない限りは代表にはなれない。選手の未来を考えた決断」と語っています。

現役引退後の選手のセカンドキャリアの可能性を広げることが狙いだということです。

賛否両論巻き起こるのかもしれませんが、スポーツ界に投じられたまったく新しい一石として、立派な英断だと思います。

自らが世界トップレベルの選手だった太田雄大会長だからこその使命感を感じます。

2019-04-26 00:00:00

つばめと桜




毎年春になると、阪和道下り線の紀ノ川サービスエリアにつばめがやってきます。
軒先に巣をつくり、卵を産み、あたためている姿もあります。
桜もきれいです。
つばめもいます。
花壇も色鮮やかです。
ほっこりするスポットです。
2019-04-12 00:00:00

合格者のノート




今年桐蔭中学・向陽中学に合格したGES塾生のノートの実物コピーをいくつか紹介します。

GESが重視している「ノートパワー」です。


小学生のノートとは思えないようなレベルのノートを作れる生徒もいます。

スキル・工夫・モチベーション、本当に素晴らしいです。


GESはノートパワーを最大限に活かす勉強法を指導に組み込んでいます。

「ノート作りの上手さ」は、「勉強のやり方の上手さ」です。

勉強が上手くなれば、成果(成績)になってあらわれるのはもちろんのこと!

⚫右脳を活かす。
⚫文房具パワーを使う。

これがGES塾生の「ノート法」です。

*一部を紹介します。ご覧ください。
小学生のノートです。



2019-04-08 00:00:00

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ

PAGE TOP