GESは、教室数・生徒数・卒塾生数・合格実績・知名度・指導力・情報力など、いずれも和歌山トップ水準の塾として、信頼いただいています。

GESブログ
あすなろの記
RSS

この言葉に感服...。


いま大きな話題になっているこの素晴らしい快挙のニュース。

海外のメディアでも取り上げられています。


『勇気をもって努力し続けたい』


菅田利佳さんのこの言葉に心底感服です。輝きを放っています。


和歌山の高校生が素晴らしいことをやってのけてくれました。

ぜひ、記事を読んでください。


■毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20190301/k00/00m/040/039000c


2019-03-06 00:00:00

2つの合格メッセージ


今年も、桐蔭中学・向陽中学に合格した生徒の保護者の皆様からたくさんの言葉をいただきました。

その中から2つ紹介します。

(原文のまま)

⚫「2年間 バスケットボールとの両立に理解をして下さり、ありがとうございました。 特に6年生になってからはキャプテンになったこともあり、12月まではバスケットボール最優先でさせて頂きましたが、その時その時に応じた配慮をして頂いたので授業に遅れる事なく受験に取り組めました。本当にありがとうございました」


⚫「スポーツを最後まで続けると決めてから、悩んだ時はいつでもアドバイスを下さり、スポーツをしながらの勉強法を教えて下さり、いつもすぐに対応して頂きましたことを心からお礼申し上げます。山下代表のガイダンスは、本当に勉強になる事ばかりで毎回楽しみでした。本当にありがとうございました」


どちらも、12歳の6年生がやってのけた「両立合格」です。

素晴らしいです。

合格という結果だけでなく、そこに至るまでやり抜いた「頑張りの素晴らしさ」に最高の価値があると思います。


『頑張るとは、何かのために、
必要な努力と必要な我慢をすること』

GESの生徒たちの姿勢の支柱になっている言葉です。

今年もまた、素晴らしい両立合格が実現しました。

後輩塾生の自信になります。

2019-03-04 00:00:00

必死で戦って、帰ってこい...。




写真は、Academy Campusターミナル校(GES高校生部)の自習室の座席ボードです。

生徒たちは、席を決めてここに札をかけます。
日曜日の自習室には、朝から夜までずっと勉強に打ち込む姿があります。

高校3年生は、
自習室でも共に頑張ってきた仲間です。

ライバルではありません。
仲間同士です。

言葉にしなくても、
分かり合える仲間同士です。

同じ部屋で机に向かっているだけで、
励まされ、勇気づけられる仲間同士です。


その高校3年生たちは今、
全国各地で戦いに挑んでいます。

必死で戦って、帰ってこい...。

祈る思いしかありません。

2019-02-26 00:00:00

ハズレのない本


すでに読まれている方も大勢いらっしゃると思いますが、

本屋大賞にノミネートされた本が、今回もとてもおもしろいです。


中でも、この二冊は引き込まれます。

『ひと』
『ひとつむぎの手』


そしてもう一冊が『宝島』

直木賞を受賞した作品です。


毎年の本屋大賞と直木賞の本は、
読むと、決まって引き込まれる本です。


買って損なし、ハズレなし!

お勧めです!

2019-02-12 00:00:00

センター試験での不正行為


今年の大学入試センター試験であった不正行為の概要が発表されました。


不正行為があったのは、東京・宮城・三重で計4人。


その内容は

⚫理科の試験で、スマートフォンを使って用語を検索した

⚫理科の試験で、スマートフォンの電卓機能を使用した

⚫国語の試験で、問題文に定規をあてて読んでいた

⚫数学の試験で、「解答やめ」の指示後にマークシートに記入した

というものです。


いずれも、不正行為は、「全科目」の成績が無効になります。


スマートフォンの使用は論外ですが、

おそらく国語の文章を定規をあてて読んでいた生徒は、「全科目で補助用具使用禁止」となっているルール(受験上の注意)を知らなかったのではないかと思います。読んでいなかったのでしょうか。


しかし、知らなかったですまないのは当然のこと。取り返しはつきません。


大学入試センターによると、不正行為の最多人数は、17年度の12人。


カンニング行為も、ルールを知らずに受験することも、理解に苦しみます。


2019-02-09 00:00:00

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ

PAGE TOP