GESは、教室数・生徒数・卒塾生数・合格実績・知名度・指導力・情報力など、いずれも和歌山トップ水準の塾として、信頼いただいています。

GESブログ
あすなろの記
RSS

部活と勉強の両立?


『運動部活 週1回休み』


6/1の読売新聞和歌山版に、そんな見出しの記事。


和歌山県教育委員会が「県運動部活動指針」を策定したというニュースです。


平日の活動時間は「2時間程度」。休日でも「3時間程度」にすることで、部活動が長時間にならないようにするとのこと。


平日の活動時間には「朝練」も含まれて、週全体でも「16時間未満」に制限されるとのこと。


休養日についても明示されています。


学校としての部活動の方針や部ごとの活動計画を取りまとめて、毎年度ホームページなどで公表するとのことも示されています。


暗くなるまで練習したり、日曜日も祝日も関係なく練習する時代は、「昭和・平成」で終わりです。


「部活動と勉強の両立」!?


そんな言葉も、死語になるかもしれません。


県立高校の硬式野球部は、今まで以上に甲子園が遠くなってしまうのでしょうか。


ふと、そんなことも頭をよぎりました。


昨年1月に策定された指針は中学校が対象でしたが、今回は高校の部活動も対象になっています。


2018-06-01 00:00:00

まったく同感!


日本大学アメリカンフットボール部監督・コーチの記者会見に批判の嵐です。



先に会見した選手の証言をことごとく否定し、

しどろもどろな言葉で、あるいは、はぐらかすような返答をくり返しながら、

選手の未熟さや精神的な弱さ、言葉の受け止め方(誤解)が原因で、

プレッシャーに負けた選手が勝手に暴走したのが悪いのだというモノ言いです。

非常にイヤな気分になる会見でした。



翌日の新聞

日大と同じ関東大学リーグに所属する法政大学アメリカンフットボール部ヘッドコーチのコメントが載っていました。

「戦術的にタックルするという意味で〝潰せ〟という言葉を使うことはある。

ただ、チームの理念、目的がしっかりしていれば誤解はないし、あのような反則は起きえない」


まったく同感です!

2018-05-24 00:00:00

日大アメフト


日本大学アメリカンフットボール部の悪質な反則行為、そして指導者たる監督の会見。


率直に思います。


どんな分野であれ、「驕る人間」は、絶対に指導者の立場に立ってはいけない!


どんな分野であれ、「自己愛に縛られた人間」は、権力をもってはいけない!


スポーツ界、政界、教育界...。


最近のいろいろ出来事に、

つくづくそう思います。

2018-05-22 00:00:00

教育の最先端



5/16~18の3日間

東京ビッグサイトで「教育ITソリューションEXPO」が開かれました。


特に注目を集めていたのは3つです。


ひとつは、AI(人工知能)です。


教育の世界でも、すでに人工知能(AI)を活用したツールが続々と登場しています。


もうひとつは、

アクティブラーニング。


あとひとつは、

英語のスピーキング能力を養うメソッドです。


さまざまなものが開発されています。


GESもさらに情報を集めて、研究を進め、「これは間違いなくいい」と確信したベストなものを導入していきたいと考えています。

2018-05-22 00:00:00

先に大人が...。



4月から「道徳」が正式な科目として小学校で授業が行われています。


和歌山市、海南市、岩出市、紀の川市の小学校で使われている道徳の教科書(1年生~6年生)を読んでみました。


教育テーマに沿って、物語や詩、逸話、偉人伝などが載っています。


道徳教育を正式科目にすることには賛否両論ありますし、危うさを懸念する意見もありますが、


掲載されている話そのものは、いい話が多いと思います。


読みながら思いました。


大人の道徳...。


テレビや新聞を見て、子供たちの目に、大人たちはどんな風に映っているのだろうか...。


子供たちより大人が先に、

道徳の教科書を読んだ方がいいかもしれません。

2018-05-13 00:00:00

前へ 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次へ

PAGE TOP