GESは、教室数・生徒数・卒塾生数・合格実績・知名度・指導力・情報力など、いずれも和歌山トップ水準の塾として、信頼いただいています。

GESブログ
あすなろの記
RSS

GES フェローシップ


今年も、「紀州よさこい祭り」が盛大に催されました。


世代を超えた素晴らしい祭りです。いろんなグループが、和歌山を明るく元気に盛り上げてくれます。


地元和歌山大学のよさこい演舞サークル「和歌乱(約80人)」もそのひとつです。

GESは、卒塾生も数多く通う地元大学の学生さんを少しでも応援できることがあればと、

よさこい祭りの日の和歌乱の皆さんの演舞場の移動には、すべてGESのバスを提供しています。


今年の和歌乱の演舞名は「環(めぐり)」。

素晴らしいものでした。

惜しくも大賞はのがしたものの、見事に和歌山市教育委員会賞を受賞しました。

これからも応援したいと思っています!



2019-08-05 00:00:00

開学記念日43rd.


8月1日 

GESは43年目の開学記念日を迎えることができました。


43年前、わずか12人の生徒たちと共に生まれたGESです。


その最初の12人の生徒たちがいなければ、今のGESはありません。

まったく名もない、何ひとつ実績もない塾にもかかわらず、GESを選んで来てくれた12人の生徒たち、

そしてその親御さんは、GESの大恩人です。一生のかけがえのない宝物です。


40年以上経った今も、その気持ちが薄れることはありません。


多くの生徒たち、保護者の皆さま、地域の皆さま、そして、いろいろな形で力をくださるたくさんの方々のお蔭で、GESは今もここにあります。


そのご恩に恥じない塾で、ずっとあり続けたいと思っています。


43年目の開学記念日を迎えさせていただけたいま、あらためて皆さまへの感謝の気持ちが強くなります。


本当にありがとうございます!


これからも誠心をもって、和歌山の子どもたちの力になれるよう頑張ります!

2019-08-03 00:00:00

放送席から見る「瞬間」



紀三井寺球場で繰り広げられる高校野球夏の大会⚾


その様々な「瞬間」を、約40年の間、解説者として放送席から見ています。


ドラマがあります。
最後は必ず、勝敗が決します。
明暗が分かれます。
夢破れ、終わる瞬間があります。
めざし続けた夢が叶う瞬間もあります。同じ場所に、いろんな涙が流れます。

強いとか、弱いとか、
勝ったとか、負けたとか、
エラーしたとか...。

高校野球の素晴らしさは、そんなことを超越しています。


頑張った選手の皆さん

紀三井寺球場で着たそのユニフォームをずっと大切にしておいてください。

いろんなものが染みこんだかけがえのない宝物です。


          GES 代表 山下幸男

2019-07-27 00:00:00

虹の橋



7月26日夕方
絵に描いたような虹

大きな虹の橋が、
空にかかっていました。

自然が描き出したレインボーブリッジにしばし見入りました...。

2019-07-26 00:00:00

ミニバスケGES杯






7/13・14・15の三日間
和歌山ビッグウェーブ

和歌山県バスケットボール協会主催の「第20回和歌山県夏季ミニバスケットボール大会GES杯」が開催されました。


県内各地から、男子17チーム・女18チームが出場。

GES杯の獲得をめざして、大熱戦がくり広げられました。応援席からも大声援。

「GES杯は、子どもたちの笑顔応援プログラムのひとつです。 GESは、子どもたちのスポーツ・音楽・芸術を応援し続けています。」

2019-07-15 00:00:00

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ

PAGE TOP