GESは、教室数・生徒数・卒塾生数・合格実績・知名度・指導力・情報力など、いずれも和歌山トップ水準の塾として、信頼いただいています。

GESブログ
リアルタイムGES
RSS

臨時通塾(救済指導)


コロナ収束の兆しが見えません。
小中高校生の感染も止まりません。


1学期に、療養や自宅待機で、一定期間学校を欠席しなければならなかった子どもたちがいます。学級閉鎖や学年閉鎖で、学校に行けなかった子どもたちもいます。

そうした影響を受けて、

学校欠席による「学習のモレ」や「遅れ」を心配する声が少なくありません。

そこでGESは、

コロナの影響を受けて、「学習の補い」が必要な生徒さんが、J-CAMPUSに「臨時通塾」できるようにしました。


2学期の成績や受験への影響を防ぐための「救済指導」です。

正式入会しなくてかまいません。臨時通塾です。

1教科80分×3回の個別指導で、モレや遅れを補います。(2,750円ご負担ください)


もうすぐ、夏休みが終わります。
大事な2学期が始まります。

コロナ禍がまだ続くかもしれませんが、負けずに頑張る子どもたちを応援していきます。


J-CAMPUS臨時通塾(救済指導)
お問い合わせ ℡073-476-2534

2022-08-20 00:00:00

全国優勝のエース!


相次ぐGES塾生のうれしいニュース!

今度は「女子野球全国優勝」のニュースが届きました。


7/29〜8/4

北海道から沖縄まで、
全国から43チームが出場して開催されていた

NPBガールズトーナメント2022 
全日本女子学童軟式野球大会で

和歌山ハーモニーズが、
全国優勝を成し遂げたのです!

そのエースピッチャーが
橋本咲生(さき)さん

背番号1を背負った橋本咲生さんは、1回戦から決勝戦までの5試合すべてに先発ピッチャーとしてマウンドに立ち、打っては決勝戦で二塁打を放つなど、投打に大活躍。

和歌山ハーモニーズは、
準々決勝で「オール宮城」に逆転サヨナラ勝ち

決勝戦では「岐阜選抜チーム」に快勝(7-1)


✳︎決勝戦のハイライトを観ることができます。


素晴らしいです!
全国優勝、おめでとうございます!


橋本咲生さんは、
GESで勉強も熱心に頑張っています!
文武両道の頑張りに大拍手です!

2022-08-10 00:00:00

最優秀賞に輝く!




GESには異彩を放つ生徒たちがたくさんいます。新聞を見て驚くこともたびたびあります。

中部晴陽くん(桐蔭高校3年生)も、その代表的な生徒です。

なんと!

全国の小中高生が話芸を競う『こども落語全国大会』の中高生の部で〝最優秀賞〟に輝いたのです。

落語日本一の栄冠です!

桐蔭中学をめざしていた小学生の頃もずっと熱心に落語をやっていた中部くんです。

勉強と落語の両立、あっぱれです!
まさに異彩を放つ中部くんです。

新聞の写真
中部くんの笑顔が最高です!

おめでとうございます!


中部晴陽くん
芸名 「勇気出し亭うな晴」

GES県立中学受験クラス出身
桐蔭中学→桐蔭高校(3年生)

現在、Academy Campusで大学受験に向かって頑張っています。

2022-08-03 00:00:00

金賞に輝く!




桐蔭中学3年生の園部暢也くんが、「少年メッセージ2022」の和歌山県大会で金賞を受賞しました。

「母親の介護という体験に基づき、自身の夢を壇上で力強く発表した」(わかやま新報)

金賞に輝いた園部くんは、ヤングケアラーを題材に取り上げました。

「何度も練習し、本番では気持ちを乗せて伝えることができた」という園部くんに大拍手を送ります!

おめでとうございます!

✳︎園部暢也くんは、小学生の頃からずっとGESで頑張ってくれています。

2022-08-02 00:00:00

〝宿題〟とは呼ばない塾


GESには独自の〝用語〟があります。

学校でもどこの塾にでもある、あたり前の用語(呼び名など)をGES流に変えたものです。

たとえば、

「宿題」とは言いません。
「コアトレ」と呼びます。

「コアトレーニング」の略称です。

「プリント」とは言いません。
「トレーニングシート」と呼びます。

塾でやる「自習」は「チャレ勉」です。

そして、

テストでできなかった問題や間違えた問題、ミスしたところのやり直し勉強」は、「リベンジ学習」といいます。


GES独自の用語(GES流の呼び名)です。

多くの生徒たちが言います。

「やらされ感がなくていい!」
「ポジティブな気持ちになれる!」

とても大事なことだし、とてもプラスになることです。


この夏も、夏期講習からたくさんの新しい生徒たちがGESに来てくれています。

その生徒たちも、もうGES流の用語に慣れたようです!


『微差の大差』という言葉があるように、ちょっとしたことで違いが生まれることがいろいろあるのです。

GESは、生徒たちが伸びていくためのノウハウを、柔軟な感覚と理論的な裏付けをもってこれからも磨いていきます!

2022-08-02 00:00:00

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ

PAGE TOP