GESは、教室数・生徒数・卒塾生数・合格実績・知名度・指導力・情報力など、いずれも和歌山トップ水準の塾として、信頼いただいています。

GESブログ
あすなろの記
RSS

高校生の文化の祭典




第45回全国高等学校総合文化祭「紀の国わかやま総文2021」がいよいよ開幕です。

文化部のインターハイ」とも呼ばれるこの祭典が、今年は和歌山で開催されるのです。

全国から高校生が出場します。

スポーツに打ち込んで頑張る高校生と同じように、文化のフィールドで個性を発揮して頑張る高校生の素晴らしさが輝きます。

そんな高校生を
GESも応援しています!


✳︎紀の国わかやま総文2021 公式HPより
2021-07-30 00:00:00

真似ぶ!


GES名物のひとつに「合格者のノート展示会」があります。

向陽中学、桐蔭中学に合格した多くの先輩塾生たちの実際のノートを見ることができます。

ノート作りのアイデアやヒントが満載です。
素晴らしいノートがたくさんあります。

そのいい所をお手本にして、後輩塾生たちのノートがレベルアップしていきます。


「真似ぶ=学ぶ」です。


GESには、その環境があります。
生徒たちが作り出している環境です。

合格者のノートは、
ホームページでも公開中です。


ノート作りは右脳を使う!
ノートは文房具パワーを活かす!
勉強に楽しさを加える!

GESの生徒たちが実践していることです。




2021-05-04 00:00:00

Mさんの卒業


GESの個別指導部「J-CAMPUS」の講師として活躍してくれたMさんが「卒業」を迎えました。


Mさんは、10歳のときに、GES併設のベネッセこども英語教室に通い始めました。

その後、県立中学受験クラスに通って桐蔭中学に合格。

桐蔭中高一貫の6年間もずっとGESの生徒だったMさんは、地元和歌山大学経済学部に進み、
大学4年間は、たくさんの生徒たちに慕われるJ-CAMPUSの先生として務めてくれました。

10歳のときから12年間、ずっとGESにいてくれたMさんです。

心の底からうれしいです。
感謝の気持ちでいっぱいになります。

この春、MさんはGESを「卒業」して、メガバンクに入社。社会人として歩み始めます。

GESの自慢の卒業生です!

2021-03-10 00:00:00

塾の「やらせ口コミ」問題


3月3日配信のJ-CASTニュースで、
ある塾の社員が、「口コミサイトで、塾生を装って好意的な書き込みをしていた」ことが報じられました。

生徒になりすまして自塾の口コミ投稿をするという、保護者の皆さんや中高生を欺くに等しい宣伝行為です。


飲食業界などと同じように、塾の紹介サイトや口コミサイトもいろいろあります。

それをビジネスにしている業者があるわけです。塾がお金を払ってサイトに登録してもらい、宣伝する仕組みです。


GESはそうした所には一切登録していません。


ネットの口コミサイトは大流行りですが、

そこに書かれていることが真実かどうか、
いいことも悪いことも、
それを鵜呑みに信用していいのかどうか...。

今回発覚したことは氷山の一角に過ぎないと言われています。


ネットのフェイク情報には辟易します。

2021-03-04 00:00:00

「おもろいこと」


毎年、いろいろな大学の案内(パンフレット)を手にして見ます。


昨年の京都大学の学校案内の表紙の言葉

『おもろいことは
 待ってるだけじゃ、
 見つからない』


そして、
巻頭の山極壽一先生(第26代総長)の言葉

『ピンチのときこそ、
 おもろいことに
 出会えるチャンス』


高校生への素晴らしいメッセージです。

2021-02-27 00:00:00

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ

PAGE TOP